メインイメージ画像

占いってどんな種類があるんだろう

占いが好きな方はたくさんいます。占いは非常に大人気で、占いなどが雑誌に掲載されていると毎回確認している、と言う方もいます。あと、占いの本などはいつの時代にも需要があり、いまでも血液型占いの本がベストセラーとなったりなど、占いというのはあらゆる年齢層に求められています。こちらの占術ですが、一言で占いと言っても本当に様々な占いがあります。テレビでやっているような、星座占いの方法だったり、さらには簡単に行える相性占いなどもあります。

しかし、占いには種類が山ほどあり、その占術に沿って占いを行う、というのが標準的です。

占いの方法としては、まず四柱推命、そして占星術、タロット占い、手相鑑定、霊視鑑定、オーラ鑑定、前世占い、など様々な種類の占いがあります。星座での占い、相性占い、と言ったような占いは、占い師がこうした占いの種類の中から、さまざまな組み合わせ、そして算出した結果での占いであることが多いです。また細木数子の占いなども、あれは自身が生み出した、占い術であるとされています。

これらの占術は一つ一つ違いがありますし、特徴があります。しかし、共通している点はどれも歴史が深く、海外から伝わった品物などが多い、ということです。

また、霊視判定、オーラ鑑定などは、その方の霊能力などを実行した占いになるので、四柱推命、占星術などの占術とはまた違ってきます。占ってもらうには、直接赴くか、チャットで直接見てもらうことが必要となっています。

占ってもらいたい場合、この様なさまざまな種類の占術の中から、自分が占ってほしい占術を選ぶことが大切です。なおまた場合によっては、占い師によってはこれらの占術を入合せて占うことも可能でございます。

どの占いも、的中する、しない、というのは言い切ることが出来ませんが、しかし、分析の上に立った占術であることは確かです。いろんな種類の占いがありますが、占ってみたことのない占いがあれば、ぜひ一度試みることもおすすめしたいと思います。